自律神経ぶっ壊れ「山サウナ」による【サウナ図解】を用いたサウナ情報を随時発信中!

【自律神経ぶっ壊れたからサウナいく08】アサヒ湯・地元民に愛されるサウナ温泉付き銭湯

どうも!自律神経ぶっ壊れたからサウナにいく「ツノユキ」です。

今回は自律神経の療養の為に北海道のサウナをめぐるサ旅をしてきたので、私の行ってきたサウナ施設を紹介していきます。

北海道8回目のサ活は帯広にある「アサヒ湯」です。

今回の北海道サ活で初めての銭湯サウナです。銭湯サウナというと、愛知県に在住していた際に近所の銭湯サウナに毎週通っていたことを思い出します。笑

因みにそのサウナは「富美の湯」という銭湯です。とてもいい銭湯なので、愛知県に立ち寄った際は是非足を運んでみてください。下記HP URLです。

 

 

少し話がそれましたが、今回のアサヒ湯は温泉銭湯です。しかもその温泉が世界でも非常に珍しいモール温泉というものです。お肌すべすべになる化粧水の様な温泉が、源泉100%でザバザバかけ流し!かつシャワーやカランの湯までもが温泉という贅沢な施設です。

そしてこの施設は地元民に愛された施設です。一度は廃業を余儀なくされたところを常連客に救われる形で2007年にリニューアルしました!現在は前オーナーの娘さんが継いでいるエピソードも含め地元から愛される銭湯となっております。

この記事では、アサヒ湯の施設のこだわりや雰囲気などを紹介していきます!!

最後まで読んでいただけたら嬉しいです!!

【アサヒ湯】施設の様子

JR帯広駅から徒歩で10分ほどの住宅街にひっそりと佇んでいます。日曜日のみ朝から営業しており8時頃に訪れた際も4、5人のお客さんがいて、地元との人がよく利用されている様子です。

玄関正面の受付です。こじんまりとしていて昔ながらの銭湯の雰囲気が滲み出ています。しかし、リニューアルされているので、古めかしくはなく昭和レトロな感じのおしゃれな内装になっています。右手が女湯で左手が男湯です。

大人一人温泉・サウナ付きで450円!!!安っす!!銭湯サウナはやはりこの安さが魅力的ですよね!今までのサ活ではホテルサウナ等が多くお値段が可愛くなかったので、お財布に優しくて嬉しい限りです。

受付の左手には小さいながらも休憩スペースがあり自販機も設置されています。湯上りにみなさんここで休んでおられました。

では、そろそろ浴場に踏み入ります。

【アサヒ湯】サウナ

北海道じゃらんHPより引用

※アサヒ湯はHP等なかったため、他のサイトさんから画像を引用させていただいています。

サウナ室内は2人、詰めれば3人が入れるかなといった小規模サイズです。座面は入り口から右手に2段です。天井高さはかなり低く設定してあり、2段目だと私が背筋を伸ばすと頭が当たりました。

特にセルフロウリュやオートロウリュはなく、銭湯らしいシンプルなサウナです。逆に銭湯サウナによくあるテレビはありませんでした。

サウナ室の温度は私がセッションした際は105℃〜95℃と結構高めでした。温度は高めのはずなんですがあまり温まりはしませんでした。サウナイキタイだと85℃と表記されているので見間違いかもしれません。どうも他の方のレビューを見る限りサウナ室の温度は結構不安定らしいです。

【アサヒ湯】水風呂

北海道ファンマガジンHPより引用

水風呂はサウナ室出てすぐに配置してあり、動線は完璧です。写真には写っていませんが水風呂のすぐ右手にサウナ室の扉があります。

水風呂の温度の表示はありませんしたが、サウナイキタイの表記では13℃とキンキンです。ただ、ここも帯広で札内川の伏流水を使っていて水質が良いのか、そこまでの冷たさを感じず体感的には17℃位の心地の良い水風呂でした。水風呂の大きさは幅1.2m×奥行き2.0m程度で3人はゆったり入れる大きさです。サウナ室に対しては十分は広さの水風呂です。

【アサヒ湯】休憩

アサヒ湯は浴場内に休憩スポットはありません。しかし脱衣所に3脚ほど休憩用の椅子が置いてありました。浴場内で洗面椅子で休憩するか、一度体を拭いてタオル等を巻いて脱衣所の椅子で休憩する形になります。

【アサヒ湯】お風呂

北出温泉HPより引用

手前の紅茶みたいな色をした浴槽が温泉です。モール温泉という泉質に非常に恵まれた温泉が源泉掛け流しとなっています。

モール温泉は北海道遺産にも認定されている大切な財産で、太古に地中に埋もれた植物が黒炭に変化する過程で生じるフミン酸やフルボ酸という肌をすべすべにする有機物が地下水に溶けだし、温泉となったものらしいです。

そして、アサヒ湯のこだわりは隣接する駐車場の下にある源泉から湯をポンプアップし、一切空気に触れないように浴槽まで配湯しており、しかも!!浴槽の底から温泉を入れています。

こうすることで、鮮度よく温泉を提供することができるのです。温泉も実は湧き出して空気に触れるとで酸化が進んでいき鮮度が落ちていくらしいです。そうならないように最高鮮度で提供される最高泉質の温泉とはなんとも贅沢なことです。

因みに、アサヒ湯の温泉は少し温度が高めなので、水風呂との温冷交代浴も非常におすすめです。私も実際にやってみましたが、温泉と水風呂の温度差が絶妙で最高に気持ちよかったです!

【アサヒ湯】利用時間・料金

【利用時間】

月〜金曜日:13時〜23時

日 曜 日:6時〜10時、13時〜23時

【料金】

大人:450円、小人:140円、幼児:70円

【アサヒ湯】まとめ

今回のサウナセッションの感想をまとめるとこんな感じになりました!!サウナは銭湯サウナとしては一般的なレベルですが、水風呂と温泉のクオリティは高いです。

そして料金は銭湯ならではの安さで最高評価です!この値段でサウナに入れるって幸せです!!

アサヒ湯については施設のクオリティよりも地元民の方に愛されている点が非常に魅力的でした。私が入った際に何名か常連さんが居られて、浴槽内や脱衣所など皆さん軽く清掃して出ていかれるのです。こうした地元民の努力の積み重ねがアサヒ湯を今後も末長く反映させてくれるのだろうなと感慨深く思いながら、皆さんをマネて清掃させていただきました。

JR帯広駅からのアクセスも良く、日曜日は朝からやっています。料金以上の満足感がある施設ですので是非立ち寄っていただければ思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

それではまた!!

アサヒ湯

【利用時間】

月〜金曜日:13時〜23時

日 曜 日:6時〜10時、13時〜23時

 

最新情報をチェックしよう!
>『サウナ』『登山』『自立神経』をテーマにした情報発信ブログ

『サウナ』『登山』『自立神経』をテーマにした情報発信ブログ

自立神経ぶっ壊れで、休職中の会社員が立ち上げたブログです!体調改善に様々な取り組みを行う中でサウナと出会いその魅力にハマりました。自分でも自立神経失調症の方に何かできないかと考え、まずはサウナの情報を発信しながら今後は自立神経に関する自身の体験や情報を発信していきたいと思っています。