【自律神経ぶっ壊れたからサウナいく03】森のスパリゾート北海道ホテル・地元の良さを活かしたこだわりのサウナ

サウナ

どうも!自律神経ぶっ壊れたからサウナにいく「ツノユキ」です。

今回は自律神経の療養の為に北海道のサウナをめぐるサ旅をしてきたので、私の行ってきたサウナ施設を紹介していきます。

北海道3回目のサ活は帯広にある「森のスパリゾート北海道ホテル」です。

「森のスパリゾート北海道ホテル」は1899年に誕生した「北海館」をルーツとする100年以上の歴史を持つ老舗ホテルです。地元・十勝から、「北海道を代表するホテルに」という志が込められた施設は、サービスのトッププロのソムリエ、道内最高峰の和・洋のシェフなど、多くのプロ人材を擁し、訪れる人にくつろぎと楽しみを提供してくれます。

帯広駅から車で約5分の市街地という好立地でありながら、くつろぎを感じる緑豊かな森に囲まれてたこのホテルに最上級のサウナがあるのです!

今回の北海道サ旅で10ヶ所以上の有名サウナを巡ってきましたが、その中でも1、2を争う満足度のサウナでした。

この記事では、森のスパリゾート北海道ホテルの施設のこだわりや雰囲気などを紹介していきます!!

最後まで読んでいただけたら嬉しいです!!

【森のスパリゾート北海道ホテル】施設の様子

画像は公式サイトより

施設の外観は地元産のレンガを利用しており、温かみがありつつ施設として格式は高く感じます。また、アイヌ伝統の文様を模した煉瓦の外壁により地域性も表現されています。設計は世界的にも有名な設計集団の象設計集団というところが手がけています。

画像は公式サイトより

エントランスを入るとこんな感じです。さすが老舗ホテルと行った雰囲気で所々に良い素材が使われています。天井も高く奥にある中庭がよく見えるので開放的な空間なっています。

エントランスの左手にある青い壁面が背景となっているところが受付カウンターとなっています。ここで料金の支払いを行なって奥の浴場へと向かいます。

奥に進むとサウナハットを被ったクマが迎えてくれます。この奥が浴場です。

男女の浴場出入り口の前には色々な方のサインが飾ってありました。一際目を引いたのは右上の須藤元気さんでした。達筆で綺麗な字ですな!

出入り口前には利用案内と料金改定のお知らせがありました。ガーデンズキャビンもそうでしたが、やはりコロナの影響でどこも運営の状況が厳しいみたいですね。。。コロナに負けずに頑張ってください!!

さあ浴場に行ってみましょう。

【森のスパリゾート北海道ホテル】サウナ

画像は公式サイトより

森のスパリゾート北海道ホテルのサウナは十勝初のフィンランド式ロウリュが導入され ており、その良さはモール温泉によるセルフロウリュ「モーリュ」と壁にセルフロウリュを行う「ウォーリュ」でしょう!!

画像は公式サイトより

画像は公式サイトより

HPに説明がありますが、それぞれ独自性があってとても面白い発想です。「美人の湯」「美肌の湯」として全国的にも人気があるモール温泉にてロウリュ が出来るとはなんとも贅沢な話です。

サウナ室についてはまずは出入り口周りです。入り口のすぐ近くにサウナ用の備品を置く棚が用意されています。私はこれの棚をサ道具置場と呼んでいます。笑 このサ道具置場があると、自前のサウナハットやサウナマット、ドリンクなどが置けて非常に便利です。とてもありがたいです。

サウナ室内は10人ほどが入れる中規模のサイズです。座面は入り口正面に3段、入り口から右手に3段のL字型となっています。2021年5月にリニューアルして3段に改修してより熱波を感じられる仕様となっています。そのおかげで天井は低めで、セルフロウリュした際は発生した蒸気が上から降りてくるのをしっかりと身体で感じられます。最上段は本当に天井が低く設定されており、頭から天井まで手のひら2枚分くらいの空間しかありませんでした!!

内装は非常にこだわっりが詰まっています!地元の白樺材によって構成されたデザインウォールに、座面下の間接照明による仄暗い空間の演出、テレビはなくサウナと自分に向き合うために創られた空間です!!サウナストーンにもこだわりがあり、地元で採れる「麦飯石(ばくはんせき)」を使っています。麦飯石にロウリュ することで遠赤外線効果やマイナスイオン効果を得ることができるそうです!

サウナ室の温度は私がセッションした際は85℃と少し低めな温度でした。しかし前の人がしっかりロウリュ してくれていたため、湿度も十分あり10分もしない内にしっかりと汗が出ました。

2セット目ではセルフロウリュ で噂の「モーリュ」「ウォーリュ」やってみました。まずはモーリュ、サウナストーンにモール温泉をひとすくい掛けると「ジュゥ・・・」という音の後に天井から蒸気が降り注ぎます。天井が低いので3段目では本当に蒸気が降りてくるので全身で感じられます。そしてウォーリュ、控えめに熊の顔がある所の上の方にモール温泉を掛けてみまると木の良い香りが広がってきました。モーリュとウォーリュによってサウナ室内は灼熱状態でした!!アウフグースがなくても室内の熱で汗が噴き出てくる最強の状態ですが、湿度が高いおかげでそこまで苦しくないです!「モーリュ」「ウォーリュ」究極のエンターテインメントでした!!

コロナ対策の人数制限については、7名とサウナ室の前に表示されていました。私が利用した際は平日の夜だったこともあり、大体1〜2人しか居なかったため全く気になりませんした。

【森のスパリゾート北海道ホテル】水風呂

画像は公式サイトより

森のスパリゾートの水風呂ですが、控えめに言って最上ランクです!!!北海道で巡ったサウナの中でここの水風呂がNo.1でした。

サウナ室出てすぐに配置してあり、水風呂への動線は完璧です。

そして森のスパリゾートの水風呂がすごいの最高ランクの水質です。ここの水風呂には、帯広市の飲み水としても使用される、清流札内川(さつないがわ)の伏流水を使用しており、国土交通省が行っている一級河川調査で、過去8回「日本一」となっています。水風呂の壁際には飲料用の蛇口も設けられています。水質が良く肌当たりもなめらかな水がまろやかに身体を包んでくれて、身体が美味しいと教えてくれます。

加えて水風呂の温度が最適です!!当日の水温表示は表示は16.5℃と完璧なのです!最近は水風呂の温度を低めに設定している施設が多いですが、私は16〜17℃が最適と考えており、これには科学的根拠があります。人体にはTRP受容体という温度センサーがあり、生命が危うい温度になると、痛みとして現れて危機を教えてくれます。この温度センサーによる痛みを感じないギリギリの温度が16〜17℃なのです。サウナに慣れてくると、この温度帯の水風呂は心地が良くいつまでも入っていられます。

水風呂の大きさは幅3.0m×奥行き1.5m程度で3〜4人は余裕で入れて水深も深めです。そして長手、短手の両方から出入りできるのでとても利便性が高く、快適に水風呂を使うことができて最高です。サウナ室に対して相応なサイズの水風呂なので、水風呂難民になる心配はないと思います。

最後に小さなポイントですが、森のスパリゾートはサウナ室を出て直ぐの所に水風呂用のシャワーが設置してあります。水風呂に入る前に汗を流すのは必須のマナーですが、私は水風呂の水で掛水をするのが苦手です。水風呂での掛水は刺激が強すぎて身体がびっくりしてしまうのでいつも近くのお風呂のお湯か、あれば掛け湯で汗を流します。お湯だといつも熱いなぁと思うことが多く、水風呂の近くに適温の水源があるのは非常に嬉しいポイントです。

【森のスパリゾート北海道ホテル】休憩

画像は公式サイトより

浴場内は中央円形の浴槽裏の壁際にととのえ椅子2つが置いてありました。外気浴可能な休憩スポットは露天風呂への風除室を出てすぐの所にととのえ椅子4箇所でした。内外で合計6箇所あるので、サウナ室の規模と運用からすれば相応の数かと思います。

外気浴側のととのえ椅子は動線が最高すぎて、サウナ→水風呂→ととのえ椅子までそれぞれ5歩以内で行ける究極の配置です。ここの施設はもう動線が完璧としか言いようがありません!

そしてもう一つが外気浴側の休憩スポットが最高だと思ったのが、足元が暖かいことです!!掛け流しの露天風呂のお湯が浴槽の縁から休憩スポット側に流れてくるのです!冬の外気浴では濡れた足元が冷たく、足先だけ直ぐに冷えてしまうことがありがちです。自律神経ぶっ壊れの私は特に冷たさに対して身体が過剰に反応するのでいつもの悩みの種です。なので、この足元が暖かいことは非常にありがたく、冬でも心地の良い外気浴を楽しむことが出来ました。

【森のスパリゾート北海道ホテル】お風呂

森のスパリゾートのお湯は、世界でも非常に珍しいモール温泉です!!

北海道遺産にも認定されている大切な財産で、太古に地中に埋もれた植物が黒炭に変化する過程で生じるフミン酸やフルボ酸という肌をすべすべにする有機物が地下水に溶けだし、温泉となったものらしいです。

特に、森のスパリゾートの源泉から湧き出る温泉は、ここ一帯のモール温泉の中でも最も濃く、湯口から出るお湯は源泉100%、自然のままに汲みあげたお湯の中には、藻のような沈殿物が含まれています。これが植物性モール温泉の成分であり、肌をすべすべにする美人の湯の素、温泉成分の高さの象徴です!!

実際にモール温泉に使ってみると本当に肌がスベスベになります。笑。化粧水のお風呂に入っているみたいでした。

そして、「露天風呂」「内風呂」「ジェットバス」「気泡風呂」とお風呂のバリエーションも豊富なのが嬉しいですね!

【森のスパリゾート北海道ホテル】料金

【平日】

日帰り入浴営業時間:5:00~9:00最終入場 1,300円

日帰り入浴営業時間:14:00~21:00最終入場 1,800円

朝入浴&朝食セット:2,800円

【土・日・祝日および特日】

日帰り入浴営業時間:5:00~9:00最終入場 1,500円

日帰り入浴営業時間:14:00~21:00最終入場 2,000円

朝入浴&朝食セット:利用不可

※特日:ゴールデンウィーク、お盆期間、年末年始

※コロナの影響により2021年6月5日より値上がりしています。

【森のスパリゾート北海道ホテル】まとめ

今回のサウナセッションの感想をまとめるとこんな感じになりました!!サウナと水風呂の休憩の全てが高い水準でバランスが良く、お風呂も泉質最高とほぼパーフェクトです!これで料金が安ければ行列ができる施設でしょうね!

ホテル併設サウナでここまでサウナにこだわって創っている施設は他に無いのでは無いかと思うほどに素晴らしいサウナでした。地域の資源を最大限に活かして創意工夫されているからこそ、実現出来ているのだと思います。最高のセッションをありがとうございます!

料金は少し割高ですが、それに見合うだけの体験を出来るとても魅力溢れる施設ですので迷うことなくオススメします!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

それではまた!!

森のスパリゾート北海道ホテル
北海道帯広市西7条南19丁目1番地
日帰り入浴営業時間:5:00~9:00最終入場
日帰り入浴営業時間:14:00~21:00最終入場
公式サイト:https://www.hokkaidohotel.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました